スピードラーニングには「英語→日本語CD」という
英語の後にその英文の日本語訳が聞こえるCDがあります。

CDでは See you later. という英語が流れた後に

その日本語訳 じゃあまたあとで。 と日本語が流れます。

これのメリットについて説明します。

メリットは

「英語のストーリーをイメージしやすくする」手助けになる点です。

人間が言葉を話すときは、「右脳」という「イメージ」をつかさどる脳を使いながら話しています。

たとえば

「富士山が世界遺産に認定されたね。新幹線で見たのはきれいだったな」
  ↓
自分「たしかに去年旅行に行った時に電車に乗ってて見たのはきれいだったね」

という会話をしていた場合

よくテレビで見る「頂上が雪で白くなっていて、下が青い大きな富士山のイメージ」
を想像しながら会話をしています。

人間が会話をする時は、「理論」をつかさどる左脳を使い、さらに「情景を思い浮かべる」右脳も
活用しながらおこなっているのです。

guitar(=ギター) という単語であれば、右脳的に、「ギターの映像」が頭に浮かんで
日本語の「ギター」と一瞬頭で置き換えずに、すぐに「guitar」の映像が浮かんできた方が
英語で答えるのは早くなります。

たとえば実際のCDを聞き始めると分かりますが、下のように

Mrs.Miller teachers Emily how to bake a cake.

ミラー夫人がエミリーにケーキの焼き方を教えます。

と日本語が入ると、ケーキの焼き方を子供に教えるために台所にでもいるのかな、

エプロンをつけた娘と母親が、丸いボールに小麦粉をいれてかき混ぜているようなイメージ
、情景が頭にパッと映像で思い浮かべることができます。

情景がイメージできると、英語→イメージ→英語 と「日本語を頭の中で訳すということを経ずに」ダイレクトに英語をそのまま理解できるようになります。

日本語の部分は、イメージを作って右脳を使いながら聞き取りをおこなう
「手助け」の役目をもっています。

→「スピードラーニングの公式サイト」はこちら
あいうえお


かきくけこ