スピードラーニングでは、?「同じCDを何度も聞いて、英語の音を体に染み込ませる状態にしてください」という使い方で説明されています。これはなぜなのでしょうか?

英会話の初心者の段階では、

10個の英語教材を1回だけ聞くより

1個の教材を10回聞いた方が、効果が高いです。

なぜかというと、「反復した方が英語の状態のままのイメージや音」を「右脳に刷り込ませやすくなるため」です。

天才であれば、英語教材を1回聞いただけで、すぐにマスターしてしまうかもしれませんが

普通の人であれば、次の日に寝れば忘れたりしますので、すぐにマスターすることは
ないです。

英語の上級者であれば、テレビの英語のニュース番組をたくさん聞く、というのは
慣れているのでいいかもしれないですが、初心者であればこの方法は効果が薄いです。

「何回も繰り返すこと」が大事なのは、ピアノのでもゴルフのスイングでも同じです。

英単語や文法を中学校で習った時は、自分で家で復習したり暗記しようとしましたが

「英語の聞き取り」についても暗記は必要なくても、何度も流すことで

その巻数ごとに出てくる英会話の中の、「単語や表現を耳で覚える」ことはもちろん

・音
・イントネーション
・発音
・速さ
・リズム

を自分の脳に刷り込ませておくのです。

そうして同じ単語や表現がまったくちがう機会で出てきた時に「昔やったな」と耳で覚えているので
「すぐに対応可能」な状態になっていきます。

スピードラーニングで外国人と話すサポートでも巻数を指定すれば
その自分が聞いた巻に合った内容で、話を進めてくれるので

「あそういえばこういう会話をしていたな」とその巻の答え方を音としてイメージできているので
その流れに沿って、つたないながらも英会話ができるようになります。

1回聞いただけでは、CDの3しか分からない状態でも、10回聞くことで6や7分かる状態になります。「徐々に聞き取れる表現や単語の量」が増えていきます。

「何度も同じCDを聞くこと」は、新しく英語を習得しようとしているので、
「自分が音だけでイメージできる英語の量」を最初は0の状態から、
少しずつを増やしていくことを、おこなっています。


あいうえお


かきくけこ