スピードラーニングがなぜ最初に英単語や文法の勉強でなく
CDから流れてくる「英語の聞き取り」→「聞き流す」ことをすすめているか

という根拠の1つに

・日本語は「左脳」を中心に処理する言語

・英語は「右脳」を中心に処理する言語

と言われているためです。

英語とくらべた場合に、日本語はテンポがゆっくりで、5つだけの母音を「はっきり発音する」という特徴があります。

母音=「あ・い・う・え・お」の言葉が、その他の言葉よりはっきり聞こえる特徴があります。

歌のヒット曲や演歌、伝統芸能の能や狂言などを考えると明らかです。


「千の風になって」という曲で考えてみると

私のお墓の前で
  ↓
わ たー しい のおーーー(←おは母音)

母音の「お」をかなりはっきり言っています。

それにくらべると洋楽の曲は、日本の歌にくらべると、リズムが速いです。

日本語は、歌のテンポがゆっくりで、1つ1つの言葉の意味をじっくり考えながら
かみしめて聞こうとします。

この時に歌詞の意味を味わって聞こうとするのが脳の部分で分析や理論を担当する「左脳」になります。


いっぽう英語は、洋楽を聞いてみると分かるとおり、リズムやテンポが速く、イントネーションも高低差が日本語より
あってバリエーションの幅は日本語よりかなり多いです。

英語の方が、より「右脳的」にイメージ中心にとらえていく必要があるのです。

そうすると、日本語だけしかできない私たちだと、言語を普段は「左脳的」にゆっくりとしか処理していないので
英語のスピードについていけず、「聞き取る」ことができないのです。

piano(=ピアノ) という単語であれば、右脳的に、「ピアノの実物」が頭に飛び込んできて
日本語の「ピアノ」と置き換えずに、すぐに「piano」と頭に浮かんでくる必要があります。

そのための訓練として、スピードラーニングのように同じ英語のCDの音声を何度も聞くことで、英語のまま
瞬間的にイメージする練習をおこなっているのです。

あいうえお


かきくけこ