なぜスピードラーニングでは、「CDを聞き流す」ことからスタートしてください、と言っているのでしょうか?

学校の勉強は、音に慣れる前に「単語・文法・表現」の勉強からスタートしますが
スピードラーニングでは、まずはとにかく英語のCDを聞くことから始めます。

この理由の1つは、「日本語と英語の周波数のちがい」のためです。
「英語の音=英語の周波数に慣れた耳を作る」という意味になります

日本語と英語の周波数は

日本語→約100〜1500ヘルツ
英語→2000〜1万2000ヘルツ

になります。

世界のフランス語やドイツ語などの言葉で見た場合、日本語はすごく低い周波数の言葉で
英語はすごく高い周波数の言葉で、正反対になっています。

人間は、自分が普段聞きなれていない「周波数の音」があると「雑音」として脳が処理します。

周波数とは「音がどのくらい波うって振動しているか」をあらわす単位です。
これが普段きいている日本語と大きくちがえば、言葉としては理解されないのです。

日本人が英会話が苦手なのは、この英語と日本語の周波数のちがいから説明ができるのです。

たしかに英語と日本語をくらべてみると、英語の方がジェスチャーを混ぜたりしながらイントネーションや音の高い低いの差も
テンションも高い気がします。日本語は英語とくらべたらボソボソと平らな印象をもちます。

高い周波数の言葉を話す人は、低い周波数の言葉を聞き取ることには対応をしやすいのですが、
その逆の場合(例 日本人が英語を聞き取る)場合は対応しにくい、と言われています。

スピードラーニングの文法や単語の勉強より先に
「英語を聞き流す」というのは、「英語独特のリズムや音に慣れていく」→「日本語と大きくちがう英語の周波数に耳を慣れさせる」→「英語の音に慣れる」 というのが根拠になっているのです。

毎日続けてスピードラーニングのCDで英語を聞くことで、少しずつ自分の耳を、「英語のような高い周波数に慣れる」ようにチューニング(調整)している、ともいえます。


あいうえお


かきくけこ