僕は副教材のSLワードパートナーを各巻を買って、辞書で自分で単語を調べる前に
こちらを先に聞くようにしています。辞書で調べるのがめんどうくさいので、なるべく調べる量を
減らしたいためです。

ワードパートナーは、1巻ごとに3、4回、通しで聞くようにしています。

この教材は、各巻ごとに、「キーワードになるような単語や知らない人が多そうな単語」
を単語帳のようにまとめているものです。

テキストはついておらず、音声で単語の「英語の発音→その意味」という順番で流れます。



英語の発音 transfer → 日本語で 転任させる・転勤させる ポン(効果音)

branch → 支店・支社 ポン

later  →後で


という感じで流れます。

あとは簡単な例文も流れてきます。




manage → 処理する どうにか〜する ポン

I think I can manage. 自分でやれます


CDを何度も聞き流す→スクリプトでざっと意味を確認

をした後に、ワードパートナーを聞いています。

また

It`s nice to meet you. →お目にかかれてうれしです。

とCDが言ったら

気になる単語や覚えておいた方がよい定型表現を、スクリプトに
書き込んでいます。

↓画像 スクリプトp5

あまり目で確認することはしませんが、念のため書き取っています。


ワードパートナーもやり方としては「聞き流し」をおこないます。
空いている時間にCDをつけておきます。

英会話では、受験勉強のように「単語カードでスペルをしっかり覚える」というより
「発音の音」でその単語がわかるか、が重要なので、あくまで耳中心の学習でおこないます。

このCDがあることで、「知らない単語や巻ごとのキーワード」を、集中的に何回も聞くことができるので

これをやり終えた後に、さらにEnglish only のCDを流すと
さらに「英語だけでわかる音の量」が増えているのに気づきます。


あいうえお


かきくけこ

スピードラーニングのワードパートナー:語彙力アップした!関連ページ

心がまえ
いつの時間で聞くか
使い方1
English onlyのCD
我慢して聞く
英文和訳の確認
自分の声で似だす
使い方の注意点