スピードラーニングの使い方を説明できればと思います。
ここでは、商品を本格的に始める前に考える点になります。
2つのことを考えます。

1「なぜ英語ができるようになりたいかの目的」をしっかり考える

2「今までの英語の勉強方法」をゼロにする

1についてはたとえば

ダイエットをするにしても、「夏までに海で泳ぎたいからスリムになりたい」とか
ゴルフを習うなら、「会社の付き合いでゴルフがある、コースに出て恥ずかしくないようにする」

といった他のことでも、具体的な目的がある方が挫折せずに続けられます。

スピードラーニングをやるにあたり、英語を勉強することで

「いつまでの期間までに」
「どんな人と」
「どういう場所で」
「どんなことをしたいか」

をイメージしておくのがよいでしょう。

そうすることで「自分がいつまでに、どの程度の英語力をつければよいかが」具体的に分かるようになります。

「会社の退職後に海外旅行で困らない会話力をつけたい」とか
「大学に入った後に留学したいから、今のうちからリスニングに強くなっておく」
「外国の友達を3人作って英会話を楽しみたい」

など「自分がなぜやりたいと思ったか」を、紙に書いたり、イメージできる写真を貼っておくと
やりがいを持って続けられるでしょう。

ちなみに僕はこのような(リンク)目標を持っています(笑)

2については、「スピードラーニングは音から英語を習得する教材である」ということを知っておきましょう。

ですので学校の授業のように英作文、単語のテスト、長文読解といった「読み書き」中心の
学習とは大きく違います。

スピードラーニングは大ざっぱに言うと、「理解できない部分があっても英語のままどんどん聞いていく」
スタンスを取っています。

僕はそうでしたが、学校のやり方に慣れている人は最初は気持ち悪く感じるかもしれません。
ですが1度頭をリセットして、スピードラーニングのメソッドを信じて素直に取り組んでいきましょう。

あいうえお


かきくけこ