スピードラーニングのEnglish→Japanese(1)のCDを聞いた後に
「英語のみ」(2)のCDを聞きます。

会話が早く感じたり、聞き取れないセンテンスがでてきますが
気にしないで進めてください。

(1)のCDはストーリーの場面を頭の中でイメージできるように聞きます。
流す回数は自分の好きな数でかまいません。僕はじっくり聞きたい派なので、10回くらい流した後に
(2)の方をやっています。

たとえば、台所で母親と娘がケーキをを作っているパートがありますが

仲良く2人で、ボールをかき混ぜたり冷蔵庫からバターを出している情景を
頭に思い浮かべられるようになるまで聞きこみます。

他には、家族の夫が仕事から家に帰宅して、夕飯を食べる時の会話も収録されているパートがあります。
それであれば、中年の男性がテーブルでチキンの料理を食べている様子を頭にイメージさせます。

ストーリをそのような状態に理解をしておいて

English onlyのCDを聞くときには
頭の中に、映画やドラマのようにイメージ映像を浮かべて

音声を、映画の吹き替えのように、

「流れてくる英語」と「頭の中のイメージ映像」をリンクさせながら聞くと効果的です。

「こういう状況の時には、こういう言い方をするんだ」と英語を「音のかたまり」として
理解できるようになります。

また腕だめし的に、(1)のCDを聞く前に、さっと(2)を先に流してみるのでもかまいません。
自分がどのくらいリスニングができるのか、前もって確認する意味があります。
あいうえお


かきくけこ