スピードラーニングは、全48巻もCDがあります。

「几帳面に同じCDを何回も聞いて、1巻ずつマスターするのがいいか」

「それとも飛ばしながら色んな巻を、自分の興味のおもむくままに流していくのがいいか」

という点です。

これについての答えは、 「特にスピードラーニング側でこうして下さい、というルールがなく」

「自分が心地よい・続けられると思うやり方」でやりましょう。

英会話の初学者であれば、理論的には「同じ英語の音を何度も聞く」(→リンク)方が効果があります。
ですがそれが自分にとって不快感を感じる進め方なら無理にやる必要はありません。

スピードラーニングは映画の海外ドラマのように、巻ごとに話のつながりはなく、1つごとの巻でストーリーは完結しています。
また難易度も大きく上がったりはしません。

またあまりに同じ英語のCDばっかり聞いていると、「飽きてくる・自分の英語レベルが上がらない」
ということが起きます。何度も流す、というのも程度問題があります。

もちろんゆっくりでもいいから、「真面目に1個ずつ習得したい」人であれば、そのやり方で大丈夫です。
(僕はどちらかというとこのやり方です)

外国に行くとどんな会話で話されるかは分かりません。
色んな場面の英語を、幅広く耳に聞き貯めておいた方が、片言な受け答えでも対応はできると思います。

例えば主婦の受講生の人は、3巻の「ビジネスの場面」は聞き取りにくい、という声が多いようです。
反対に料理を娘と一緒に作るシーンや、家庭での出来事、は興味をもてるそうです。

自分にとって、とっつきにくい巻があればいったんそれは置いておき
気に入ったストーリーがあればそれを何度も聞きましょう。

→「スピードラーニングの公式サイト」はこちら
あいうえお


かきくけこ