やってみてリスニングの力がついたので効果はもちろんあると思っているのですが、
公式サイトに書いてある

リラックスして英語を聞き流しているうちに、だんだん英語の音に耳が慣れ、
「ある日突然、英語が口から飛び出してきます。」

「」でくくった「突然口から英語が出てくる」なんていう表現はちょっと大げさだと思います。
CDを聞いただけでペラペラに話ができる、ということはありません。

会話の内容にもよりますが、スピードラーニングでは一般的な返答レベルであれば、たしかにCDを流して何度も
聞いて、自分で英語を口に出すサポートを受けていれば、できるようになるとは思います。

実際には受講してから100日以降に、「教材の英語を口に出す」というやり方を
案内されて、スピーキングの練習もおこなうので、そのプログラムをやると話す力は伸びると思います。

あとは教材を何度も聞いていると、よく使う表現は覚えてしまって、それが外国人との英会話で勝手に使えるようになる、という経験はありました。

英会話でよく使う表現 たとえば「That`s sound good.」=それはいいですね  がテキストで出てきたのですが

何度もCDを聞いたので、覚えてしまって、外国人と話をするサポートの「フリートーク」で会話をした時に 「That`s sound good.」 と勝手に自分で言えた、という意味では、口から出てきたりもしました。

そういう意味では、「口から飛び出す」というのは当たっていました。

ですがある程度流暢な英会話をマスターするには、スピーキング専用に自分で訓練する必要があると思います。

→「スピードラーニングの公式サイト」はこちら

あいうえお


かきくけこ