スピードラーニングのテキストについてのページです。

スピードラーニングには、CDの他に、CDで話された英会話のテキストがついています。
下のようなものです。

ハガキを1、2センチくらい大きくしたものです。
CDの英文と日本語訳が書かれたものです。

中を開けると

CDの中で、しゃべられている英語と日本語が見開きで、1巻ごと全部並んでいるものになっています。

第一巻の「日常英会話」を例にとると

This is my son,Ross,and my daughter, Emily. 息子のロスと娘のエミリーです。

We just moved in next door.  今度、お隣に引越してきました。


といった感じに、CDの内容にそって1つずつ英語と日本語が並んでいます。

使い方は、CDを聞く回数を増やして聞き取れる量を増やすやり方ですが、

どうしても聞き取れなかった英語でどんな英文かを確認したい人は
これで確認ができるようになっています。

さらに1つの巻数ごとに、テキストの題材の背景やアメリカの文化、覚えておきたいフレーズの
解説が書いた冊子もついています

We need to leave soon. そろそろおいとましないと。

友達の家に遊びに行っていて、帰る時のセリフ

Can I give you a hand ? お手伝いしましょうか?

こちらも友達の家にお呼ばれしてて、何か手伝うことがあるかを聞く、定型表現です。


このまま覚えておけば使えるフレーズですね。

他にもアメリカ人のジェスチャーについてのマメ知識のような解説も下の方でされています。

「鼻を隠しながらアメリカでしゃべっちゃダメな理由」
「大好きのサインはこれ」

など、なるほど、と参考になりました。


あいうえお


かきくけこ